専業主婦でもカードローンは使える

消費者金融のカードローンの利用は難しいですが、銀行の中でも一部の借り入れ先であれば、専業主婦の方でもカードローンの利用も出来るようになっています。配偶者の安定収入で借りられるため、自分の信用で内緒のまま融資が受けられるのです。

 

ただ、専業主婦の方は返済が厳しくなる場合もありますので、なるべく多くの金額は借りないようにし、余裕を持って返済が出来るような金額の借り入れに留めるべきです。月々の返済金額をしっかりと確認し、無理のない返済プランを立てるようにしましょう。

 

 

金利をしっかりと比較しましょう

キャッシングやカードローンの際に重視するポイントは、何でしょうか。

 

キャッシングやカードローンはお金を借りるわけですから、そのあとは返さなければなりません。そうすると、返済の時のことを考え借りなければなりません。返す時のポイント、それは金利です。

 

返済するときは、金利が低い方が返済総額はす少なくてすみます。金利が高いと当然、返済総額は増えます。例えば、50万円を金利5%と15%で50回払いの返済でシミュレーションしてみてください。

 

毎月の返済額も差がありますが、返済総額もかなりの金額の違いがあります。その金利の差はもったいないくなりませんか。

 

そのため、借りるときにいかに低い金利で借りるかが重要になるのです。

 

いろいろと調べてみてください。結構高いのが、クレジットカードのキャッシングやカードローンです。18%程度の高い金利になっています。それに比べ、カードローン専門の方が5%程度の低い金利で設定されており、金額の枠も300万円や500万円枠のものがあり、非常に便利です。

 

また、カードローンの機能だけでなく、キャッシングの機能も付いているので、カードローン、キャッシング、それぞれの機能が利用でき、非常に便利です。
専業主婦カードローンはイオン銀行

 

フリーターやパートタイマーへの融資

かつてキャッシングでは正社員でないとお金が借りられないという時代もありましたが、いまはそのような制限は少なくなっています。少なくとも消費者金融などでは正社員でなくとも審査には通りますし、アルバイトで生計を立てておられる方、パートタイマーの主婦などもキャッシングを利用できます。

 

現在のキャッシングは与信枠を設定するカードローンの形式がほとんどです。与信枠は収入の額に応じて設定されるので、収入が少ない方でもそれに応じた金額を借りることが可能なのです。

 

カードローンを利用するには収入があるという条件を満たしているだけでよく、これが可能なのは融資金額を一律に設定しないで収入の金額に応じて柔軟に変化させているからです。

 

フリーターやパートタイマーでもキャッシングが利用できるというのは確かですが、現在でも銀行が提供するカードローンなどでは、審査に通らない場合があります。大手銀行のカードローンの場合、最低限必要な年収は派遣社員以上だと言われています。よほど収入金額が大きい仕事ならば話は別ですが、一般的にフリーターやパートタイマーの収入で大手銀行カードローンを利用するのは難しいでしょう。

 

とはいえ、銀行カードローンの実質的な運営を行っているのは、傘下や系列先の消費者金融だったりします。金利や限度額の上限は異なりますが、利用者への対応などは銀行も消費者金融も違いがないので、利用できるところを使えば特に問題はないでしょう。
パートにおすすめのカードローン